部分入れ歯・総入れ歯の悩み.Com

部分入れ歯・総入れ歯の悩み
部分入れ歯・総入れ歯の悩み.Comトップ

部分入れ歯とは

部分入れ歯(パーシャルデンチャー)とは、取り外し式の人工の歯です。
床(しょう)と呼ばれるピンク色の土台(合成樹脂)の上に人工歯が並んでいて、
床についているバネなどで、支えとなる自分の歯に引っ掛けるしくみです

この歯のことを、維持歯といいます。

維持歯は部分入れ歯の力を支えるために、大きな負担を受けやすく
虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。

また、引っ掛けるバネが前歯にくる、口をあけたときにこの金属のバネが見えるなど見た目の問題を起こすことがあります。

このため、保険外の治療においてですが、
バネの金属が見えないアタッチメントデンチャーと呼ばれる精密な金属床や、バネのないノンクラスプデンチャー、維持歯にできるだけ負担がかからないようマグネットデンチャーなどが選択されます。

部分入れ歯は、1本だけ失った場合でも、1本しか歯が残っていない場合でも可能です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。